2020年01月14日

2020年期待の博物展

知るからはじめる外来生物@大阪自然史博物館(2020.03.01-05.31)
マンモス展@名古屋市科学館(2020.03.14-06.14)
大地のハンター展@国立科学博物館(2020.07.14-11.29)

以前に揚げたものと特に変わってはいませんけれども。
どの博物館も特別展は夏なので発表は年度が替わってからかなあ。
大阪自然史博物館や豊橋自然史博物館の特別展に期待します。
現段階では「大地のハンター展」が一番の楽しみ。
肉食生物に焦点を絞った展示というのは珍しい気がします。
詳細は不明なので今後の情報に注目したいところです。
名古屋市科学館の「マンモス展」は漸くの巡回開始となります。
此方も2019年の日本科学未来館での展示は見送ったので楽しみにしています。
posted by 森山樹 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年01月09日

2019年後半を振り返って

2019年の後半は博物館・水族館に5つ行けました。
鳥羽水族館以外は初めてだったのが嬉しい。
葛西臨海水族園はまた人が少なそうなときに行きたいですね。
越前松島水族館は昔ながらの雰囲気が大変に好み。
いろいろな趣向で楽しませてくれる姿勢も良かったです。
大分マリーンパレス水族館もかなり展示が充実していました。
特に海獣が多いのは好みであります。
豊橋市自然史博物館は時間の都合でじっくり鑑賞出来なかったのが残念。
併設の動物園も含めて時間を割いて再訪したいと思います。

博物系の展示は全部で4つ行ったことになるのかな。
大阪自然史博物館の「昆虫」に行けなかったのは残念でした。
それ以外はほぼ予定通りに鑑賞出来たかなというところです。
名古屋市博物館の「絶滅動物研究所」は好みの題材で大満足。
ドードーやリョコウバトの展示が心から嬉しかったです。
国立科学博物館の「恐竜博」もやはり素晴らしい。
逆に「浜松恐竜ワールド」はちょっと残念な展示でありました。
内容は悪くないのに見せ方が安易過ぎたかなという印象があります。
posted by 森山樹 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2020年01月08日

2019年12月博物展鑑賞記録

2019年12月に鑑賞した博物展はありませんでした。

2019年12月に鑑賞した動物園・植物園・水族館は以下の通り。
大分:大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大分マリーンパレス水族館は遥か彼方に行ったことがある筈。
と言っても,既に記憶の彼方なので実際には初めてとなります。
その間に改装もされているようなので,本当に初めてと言っていいのかも。
特に海獣が充実していたのが印象的でありました。
トドやセイウチ,オットセイあたりの可愛らしさは特筆もの。
勿論,魚の展示もかなり豊富で素晴らしかったです。
posted by 森山樹 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物展鑑賞記録

2020年01月07日

2020年1月博物展鑑賞予定

知るからはじめる外来生物@大阪自然史博物館(03.01-05.31)
マンモス展@名古屋市科学館(03.14-06.14)
大地のハンター展@国立科学博物館(07.14-11.29)

現段階で暫く予定はなし。
3月からが本格稼働といった感じですかね。
単に情報収集出来ていないだけかもしれませんが。
「マンモス展」は名古屋開催を待っていたので楽しみ。
いろいろと期待出来そうな博物展に思えます。
そして,夏の「大地のハンター展」に期待せざるを得ません。
狩猟性肉食動物が主体の展示というのが嬉しい。
詳細は現段階では不明ですが,楽しみに待ちたいと思います。
posted by 森山樹 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物展鑑賞予定

2020年01月06日

2020年 新春の御挨拶

あけましておめでとうございます。
新春のお慶びを申し上げます。

2019は久しぶりに一年を通してブログの更新が出来ました。
幾つかの博物展を逃したのは残念ですが,仕方がない部分もあります。
新たに初めての水族館に幾つか行けたのは重畳でありました。
計画性と情報収集の向上はやはり課題です。
概ね満足ではあるのですけれどもね。

先ずは2019年の下半期の回顧から取り掛かります。
その後に2019年の反省と2020年の抱負を。
積み残しの展示感想も結構な量が溜まっています。
これを含めた通常更新も同時並行でするつもり。
改めまして2020年も“ヴンダーカンマーの輪舞曲”をよろしくお願いします。
posted by 森山樹 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知