2016年02月15日

志摩マリンランド(7)

2016.01.24(sun)
志摩マリンランド

志摩マリンランド38.JPG
志摩マリンランドと言えば,やはりマンボウが有名です。
その不思議な形は観ているだけで楽しい。

志摩マリンランド39.JPG
マンボウがこれだけたくさん見られるのは此処だけでありましょう。
何となく不思議な空間であります。

志摩マリンランド40.JPG 志摩マリンランド41.JPG
金魚も楽しめました。
同じ種類の魚とは思えないくらいの多彩な色と姿が興味深いです。

志摩マリンランド42.JPG
国内最多の96本の腕を持つタコの標本。
その異形ぶりは邪神を思わせます。
生きているときの姿が見たかった。

志摩マリンランド43.JPG
此方はサケガシラの標本。
リュウグウノツカイの仲間の深海魚。
この個体は2.7mもある最大種なのだそうです。

志摩マリンランド44.JPG
最後はケヅメリクガメを観ました。
リクガメはウミガメとは異なる魅力を感じます。
背中に乗るのが夢だったのですよね。

というわけで,志摩マリンランドでした。
久しぶりでしたが実に楽しかった。
改めて見ると海獣が全くいないというのは特徴的に思えます。
その分はマンボウなどで補っているわけですけれど。
またいつか訪れたい水族館であります。
posted by 森山樹 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水族館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174074912
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック