2019年07月24日

2019年前半を振り返って

2019年前半は割と充実した博物趣味生活を送ることが出来ました。
水族館や動物園,博物館等を回れたのは収穫。
初めて行ったのは王子動物園とふじのくに地球環境史ミュージアムのふたつかな。
と言っても,須磨海浜水族園も10年ぶりくらいですしね。
他には国立科学博物館の「大哺乳類展2」も堪能しました。
改めて自分が動物好きであることを実感します。
本来なら博物学系の書籍も読みたいところではあります。
また,天文及び鉱物系も御無沙汰な感じ。
このあたりは今後の課題といたしましょう。

後半は楽しみな博物展が多いのは嬉しい。
絶滅動物や恐竜,マンモス,昆虫,深海生物と多岐に渡っています。
問題は何処まで訪れることが可能かということでしょう。
旅行を含めて効率的な計画を立案したいと思います。
また,書籍等からの最新の研究成果も仕入れたいもの。
此方もなかなか時間の確保が出来ていないのが悲しいです。
行ったことのない水族館や動物園も積極的に足を運びたい。
楽しみを楽しみとして頑張りたいと思います。
posted by 森山樹 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186320303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック