2015年11月26日

魚津埋没林博物館

2015.07.05(sun)
魚津埋没林博物館

魚津埋没林博物館1.JPG
富山県魚津市の魚津埋没林博物館に行ってきました。
魚津埋没林とは海底に残された杉の原生林のこと。
その幻想的な名前が如何にも蠱惑的であります。

魚津埋没林博物館2.JPG魚津埋没林博物館3.JPG
入館して直ぐに埋没林の歴史が語られます。
発見されたのが昭和5年というのは意外に新しい印象。
展示された杉が芸術品にも見えて来ます。

魚津埋没林博物館4.JPG
メガロドンの歯の化石も展示されていました。
巨大で鋭い。

魚津埋没林博物館5.JPG魚津埋没林博物館6.JPG
そして一番の目玉は水中で保存される埋没林でありましょう。
何処か静謐な雰囲気が漂います。
この幻想的な風景は現世のものとは思えません。
因みに樹齢500年以上とのこと。

魚津埋没林博物館7.JPG魚津埋没林博物館8.JPG
乾燥された埋没林の展示も楽しい。
幾ら見ていても飽きない気がします。

国内でも珍しい埋没林の博物館ということで存分に楽しみました。
特色のある展示の博物館はそれだけで楽しいですね。
魚津と言えば蜃気楼ですが,その内容も展示の含まれています。
条件が整えば蜃気楼を見ることも可能とのこと。
いつか再び蜃気楼を見る為に訪れたいものであります。
posted by 森山樹 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館

2015年11月18日

富山市科学博物館

2015.07.04(sat)
富山市科学博物館

富山市科学博物館.JPG
7月に富山旅行をした際に富山市科学博物館に行ってきました。

ナウマンゾウ1.JPG ナウマンゾウ2.JPG
一階ではナウマンゾウがお出迎え。
複製と化石と両方が一緒に見られるのが嬉しい。
比較をするのも楽しいです。

デスモスチルス.JPG
此方はデスモスチルスの復元模型。
化石を見ることは多いけれど復元を見るのは存外に少ない気がします。
というか,初めてかもしれません。

ティラノサウルス.JPG
此方はティラノサウルスの復元模型。
後方には化石も見えます。
因みにこの復元模型は動くのが楽しい。

メガニウラ.JPG
古生代の巨大蜻蛉メガニウラ。
翼開長は最大で75cmというのだから大きいです。
こんな昆虫が飛んできたら泣きそう。

サケガシラ.JPG
2階は富山県の自然の紹介が中心。
富山湾の魚の中でもサケガシラの存在感が凄い。
美味しいとも美味しくないともいいますが,どうなんだろう。
一度は食べてみたい魚です。

ライチョウ.JPG
富山と言えばやっぱりライチョウ。
野生のライチョウは一度観たいと思っています。
山登りをしないといけないのが難点ですけれどね。

というわけで,駆け足ですが富山市科学博物館でした。
期待以上に展示が充実していて楽しかった。
化石も剥製もふんだんに展示されているのが嬉しいです。
posted by 森山樹 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館

2015年11月17日

国立科学博物館−アロサウルス

アロサウルス1.JPG
国立科学博物館の地球館新装開館に伴いアロサウルスが戻ってきました。
2004年以来の常設展示ということになります。
其の雄姿が懐かしくも格好いい。
復元形態は以前と変化しているように思います。
これは研究が進んだことによるものでしょうか。

アロサウルス2.JPG
大型肉食恐竜の頭骨の魅力は異常。

アロサウルス3.JPG
以前の展示に比べて胴体が水平になった気がします。
個人的には以前のように体を起こしている方が好き。

アロサウルス4.JPG
しかしアロサウルスは格好いいなあ。
幾ら見ていても飽きることを知りません。
こんな実物化石が見られるというのは嬉しいです。

新装開館した日本館もじっくり鑑賞したいところ。
国立科学博物館は大好きなのですが,どうしても特別展中心の鑑賞になってしまいます。
常設展示もゆっくり鑑賞する機会を作らないとだなあ。
posted by 森山樹 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館

2015年09月10日

国立科学博物館−日本列島の生い立ち

「大アマゾン展」のついでの国立科学博物館の常設展示を見てきました。
とは言え,普通に鑑賞していると平気で一日は費やしてしまいます。
今回は地球館4階の「日本列島の生い立ち」を眺めてきました。

オオツノジカ.JPG
オオツノジカの化石。
角の形状が至極格好いい。

アロデスムス.JPG
絶滅哺乳類のひとつアロデスムス。
鰭脚類なので現在のアザラシに近い種ですね。
日向ぼっこをしている姿を想像すると楽しいです。

パレオパラドキシア.JPG
絶滅哺乳類の代表格であるパレオパラドキシア。
「古代の不思議なもの」を意味する名前が素敵。
割と全身骨格を見る機会が多い絶滅哺乳類です。
カバに似ているけれど,束柱目ということで全然別の種類となります。

コリフォドンの一種.JPG
此方も絶滅哺乳類であるコリフォドンの一種の頭骨。
約4900万年前に地上を跋扈していた当時最大級の草食動物です。
木の葉を主食にしていたと考えられています。

フタバスズキリュウ.JPG
そして最大のお目当てのフタバスズキリュウ。
日本に生息していた首長竜です。
こんな生き物が生きていた時代が羨ましい。
その大きさも体の形状も全てが魅力的であります。

フタバスズキリュウ発掘風景.JPG
フタバスズキリュウの発掘風景の再現。
幼き日に読んだフタバスズキリュウの発掘物語は未だに強烈な印象があります。
或る意味で恐竜好きの原点のひとつでありましょう。

フタバスズキリュウ頭骨.JPG
フタバスズキリュウの頭骨。
身体の大きさから比べると小さいです。
三角形の頭部は蛇にも似ている感じ。

というわけで,国立科学博物館常設展示でした。
最近は特別展が中心の鑑賞となっていますが,常設展の方が好きなのですよね。
時間をかけてゆっくり回ることをしたいものです。
当面は少しずつ行きたい場所から鑑賞する形にならざるを得ませんけれども。
posted by 森山樹 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館

2015年07月14日

名古屋市科学館−宇宙のすがた

宇宙のすがた.JPG
「夢と感動の宇宙展」の際に鑑賞した名古屋市科学館の常設展示。
次は天文館5階の「宇宙のすがた」へ。
名古屋市科学館の中でも一番好きな場所かもしれません。

サターンV.JPG かぐや.JPG
サターンV型とかぐや。
此方は「夢と感動の宇宙展」で展示されていてもおかしくなさそう。

遠眼鏡.JPG ニュートンとハーシェルの望遠鏡.JPG
遠眼鏡と望遠鏡。
ふたつの望遠鏡はニュートンとハーシェルが使ったものの複製です。
この種の観測器具を見ているだけでも十分に楽しい。

月の模型.JPG 太陰之図.JPG
月の模型と≪太陰之図≫。
≪太陰之図≫の精巧な月の表面文様が素敵。
月という存在が如何に魅力的だったか分かります。
美しい天体だよねえ。

プラネタリウム.JPG
プラネタリウム。
名古屋市科学館のプラネタリウムは大変人気があります。
観ようと思うと朝から並ぶのを覚悟しないといけない程。
自分は一度だけ鑑賞したことがあります。
プラネタリウムの投影装置のスチームパンク感は格好いいですね。

というわけで,駆け足でしたが名古屋市科学館の常設展示でした。
本当はもっとゆっくりと鑑賞をしたいもの。
それはまた別の機会に楽しもうと思います。
posted by 森山樹 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館